腎結石という病気を聞いたことはありますか?文字通り、腎臓に石が出来る病気です。腎臓の腎杯や腎盂、尿管などの尿の通り道に出来る尿路結石を言います。腎盂や腎杯などに結石が出来たとしても、特に大きな症状は認められないことが多いです。問題となるのは、結石が尿管を通過する際に、激しい痛みを生じ、血尿が出現することです。痛みの程度は結石の大きさによります。大きさは砂のような小さな物や、ゴルフボールのような大きな物もあり、実に様々です。腎結石による痛みは、突然始まります。原因としては、食生活も要因の一つと言われています。血中のカルシウムや、尿酸が高い場合は結石を作りやすいです。それに、水分をたくさん摂ることは、結石形成を予防する意味で重要です。その他、尿路感染症などに掛かると、結石を誘発しやすくなります。細菌によって尿素が分解され、アンモニアになることにより、結石が出来やすくなるからです。腎結石は、女性よりも男性に多い傾向があります。それでは、腎結石の治療には、どういったものがあるのでしょうか?治療のためには、腎結石を外に排出することが何よりも大切です。結石を外に出す方法としては、排出を促す輸液を行います。痛みに対しては、鎮痛剤を用います。症状や程度がひどい場合は、入院して加療することになります。また、超音波治療装置を使って、超音波で腎結石を粉砕するといった治療も用いられています。最近では、溶かすように除去する方法が開発されているようですー